鳳華のソウルナビゲート オフィシャルブログ

今!変わらなければならない世の中に対しての熱い思いを書き綴っています。新しい世界に革新を与える「宇宙的倫理観」をお読みになってください。今までにない切り口のメッセージは、データとスピリチュアルそのものです。

鳳華の未来世33日目

f:id:ouka-miraigaku:20210503074645p:plain

鳳華の未来世33日目

 

33という数字は多くの意味がある

 

スペインのサクラダファミリアにある「魔法の四角」

そこの数字は縦横に足すと全てが33になるという

(写真はサクラダファミリア受難のファザードにある数字 )

 

キリストが昇天されたのが33歳

そして、私が神さまと出会ったのも33歳

 

33という数字は次元が変わる入り口なのかもしれない

 

そうだとしたら今朝の夢はどういう意味だったのだろう?

 

 

私の最愛のパートナーが亡くなってからもうすぐ288日を迎えようとしている

突然の別れだったので、彼の言いたいことは魂で聞くことしかできなかった

そのパートナーはなかなか夢にも現れてくれなかった

なのに

今朝、私の前にしっかりと現れた

私の心を昔のところに引き戻して・・・

 

それはとってもロマンチックなんてもんじゃない

ケンカしてるところなんだから・・・

昔のムカムカした感覚が蘇っている

 

「もう無理!」

私は「別れましょう~」と三下り半を言い残して、車から彼を降ろした

そこが、神社の参道の前

 

その後、

怒っていたはずなのに、私はこのようにつぶやいた

 

『あなたは、この参道を歩いて行ける

あなたがこの道を行く時には、

すべてがはぎとられ何もなくなっているかもしれない

でも、

何もなくなってしまっても、私はあなたを参道の向こうで待っている

 

あなたがどんな邪の世界を歩んだとしても、

私の魂に一番大事なものを埋めてくれた人だから、

あなたが参道を抜けたら

神社の前で私はあなたを待っている』

 

 

私の運転する車は参道の先の神社に向かって行った

 

 

こんな夢、33日目の私はどのように理解するのだろう?

33日目は知性のリズムが変わる時、

私の知恵が次元上昇するのかもしれない

 

 

今日一日が楽しみ!

 

 

鳳華より愛をこめて    2021年5月3日