鳳華の未来学 オフィシャルブログ

今!変わらなければならない世の中に対しての熱い思いを書き綴っています。新しい世界に革新を与える「宇宙的倫理観」をお読みになってください。今までにない切り口のメッセージは、データとスピリチュアルそのものです。

週刊未来学「未来のための金曜日」

f:id:ouka-miraigaku:20200203224349j:plain

スウェーデンの17歳の女の子が心の底から解き放った言葉がこれだ!
『未来のための金曜日』
 
 
いまや、グレタさんは世界中で有名になった最も若いスピーカーだと思うけど
この時代がやってきたんだなあ~と未来学で運命を読み解いてきた私は、
『自分らしさの表現』と『時の流れの実感』を感じるのです。
 
 
グレタさんの『未来学から見た金曜日』を読み解いてみましょう!
 
 
 
『自分らしさの表現』
グレタさんの星は「金星」です。
無邪気でいつまでも屈託のない笑顔が魅力の、明るい性格を持った方です。
金星が最も大事にするのは自由であること、決められた押しつけの世界はウンザリする。
 
 
宇宙にある星の金星は、太陽系にあって自転の向きがひとりだけ逆回転をする異端児でもあるのですが、宇宙にいる場合はそうであっても太陽系の形態は崩れたりしませんよ。
 
 
「宇宙は一つ一つの星の違いを個性として共存している」
 
私たちの身の回りに起こっていることを宇宙と連動して考えると、
グレタさんのメッセージは宇宙から発せられたように感じます。
金星だからこそ、自由な発言がなされない大人社会の嘘には
猛烈に抗議したくなるのは当然のこと。
グレタさんの金曜日の活動は、彼女の魂の叫びなのでしょう!
 
 
<未来のための金曜日の活動>
地球の未来について「虚偽の希望で嘘をついた大人」に対して
抗議を続けるグレタトゥーンベリの活動は金曜日だけ行われている。
 
「あなたは私たちに嘘をついた
 あなたは私たちに虚偽の希望を与えた
 あなたは私たちに未来は待ち望むものだと言った」
 
 
 
あなたはどういう思いでこれを読まれているでしょうか?
 
 
 
17歳なのに生意気だ
17歳なのに的を得ている
17歳なのに偉いなあ
 
私は、この発言を異国のストライキとしてだけで捉えていてはいけないと思っています。
17歳の魂は地球の未来を憂いている、その未来は自分たちが生きる時代だからなのです。
未来を自分の未来として捉えたら、社会の嘘を見過ごせないと思うのは当たり前のことです。
今をごまかして、嫌なことには蓋をして、見ぬふりをして通り過ぎようとする。
大人社会の無責任さを17歳の魂は痛烈に批判しているのです。
 
 
 
『時の流れの実感』
時はその時々のヒーローを送り出しながら歴史を作ってきました。
今から144年前の明治維新の頃に活躍したのは、坂本龍馬など20代の若者でした。
明治維新の志士たちに思想的影響を与えた吉田松陰だって29歳で亡くなっているのです。
フランスを百年戦争の危機から救ったヒーローのジャンヌダルクは10代の女の子でした。
 
 
歴史を変えてきたのは、いわゆる出来上がった大人じゃないのですよ。
大人の魂は、過去と今に縛られています、だから嘘をついてまでも今を守ろうとする。
子供の魂は、未来に向かって進んでいるのです。だから今の真実を知りたいと思う。
 
 
グレタさんが地球の未来と自分たちの未来のために懸命に訴えている姿を見て、
時代が変わるときが来ている、運命が歴史を変えようとしている時だと実感するのです。
 
 
 
 
17歳というのは、未来学から読むと「午周期の世代」といいます。
世界中がまだ豊かでない頃は、見えないものを追い求めるファジーな夢がロマンでした。
しかし、今の世界は豊かになりました。現実的で、行動的で、確実な夢を実現していくのが、この世代の生きる土台から生まれる夢になっているのです。
 
 
時代は、さまざまな人や出来事を通して、
今人間が何をしなければならないかを伝えています。
 
 
変わる時代に必要なのは、真実を知る“ものさし”です。
それは、人によって環境によって指針が変わるものではダメなのです。
 
 
 
だから、空を見上げて欲しいのです
 
 
 
地球上は今、隣同士でいさかいが起き、争いばかりです。
でも、空を見上げると、比較するものは何もなく、
ひとりひとりの存在が大事だということを思い出させてくれます。
 
 
 
皆さん、空を見上げて 

星を見てください
 
 
その中に、あなたと同じような性格を持った星があるのです
 
 
 
自分を知りたければ、星を知ることです。
誰とも比較をしない自分を持っていてください。
 
 
 鳳華より愛をこめて

  

www.npojln.com