鳳華の未来学 オフィシャルブログ

今!変わらなければならない世の中に対しての熱い思いを書き綴っています。新しい世界に革新を与える「宇宙的倫理観」をお読みになってください。今までにない切り口のメッセージは、データとスピリチュアルそのものです。

週刊未来学「次世代大学生の生き方」

先週に引き続き、今回も大学にお邪魔しました
佐野にある大学なんだけど、そこから依頼があって大学生たちと懇談をしてきました
この子達に許可を得て写真を載せているので、彼女たちの生き生きとした魂の姿を見てください
 
19歳と20歳の学生たちと話をしながら、
【時代の流れそのままに生きている次世代っ子】
本当に軽くて伸びやかな魂を感じることができました
 
 
今の12歳~21歳は「午世代」という運命を背景にして生まれてきた魂たちです
未来学データで読むと、『現実に強く、自分の個性を早くから発揮する世代』
はっきり意思表示ができ、自分の価値観を大事にする世代

しかし、お金にはあまり興味を持たず、好き嫌いがはっきりしていて、意味がないことには時間もお金も費やさないゲンキンなところがある
 
 
来春就職を前にして、何を悩むのだろうと思って聞いたところ、そこにいた次世代っ子たちに「ポカン」とされてしまいました
「悩む」という言葉がピンと来なかったようです
 
そうなんだよね
彼女たちは、悩んでいないんですよ
社会に出ることにワクワクして、やりたいことが見えていて、その上で、即行動に移せる対応力を持っている
 
 
悩みって何なんだろうって?教えられましたね
夢とやる気を持って社会に出ているのに、
そこにいる大人たちが、トラウマに固まってしまった悩みを
植え付けてしまうのかもしれない
 
 
「自分たちには、怖いことでもしっかり伝えて欲しい、
現状をしっかり把握して、自分で考える。
隠さないで欲しい、自分たちで考えられるから」
 
 
大人たちは、嫌なところを隠して子どもに接しようとする
イヤなことは見せないほうが子どもたちには健全な教育ができると思い込んでいる
しかし、そんなことは大人社会の愚かな考えだって、
またまた教えられてしまいました
 
 
 
進むべき人生のハザードマップを持ちたい次世代っ子には、
むしろ自分の人生地図に載っていない「知らないこと」には貪欲だ
だからこそ、次世代っ子はコミュニケーションを大事にしたい
 
そうなんだね
知らない大人の世界
そこには悩みではなく、興味が沸いているんだね
 
大人の変な遠慮は、この子達にとっては、もうお見通しってこと?
現実はそのまま伝えてくれればそれでいいんだって、教えられたよね
子どもだと思って教えてあげようなんて思っていたら、逆に教えられる
 
この世代の子が、社会に出る時代になると
もう引きこもりという現象はなくなっていくだろうと思いました
 
現実と夢と幻の差を
この子達世代は見えているんだ
何も隠す必要はない
自分がしっかり未来を見据えていれば、
何も怖がる必要はないのだ
 
 
世代の移りゆく現場に居合わせて
未来学で読む時代の流れ
世代間ギャップの流れ
その全てを感じることができました
 
現場に行ってみることです
そこに答えがあります
 
若き、次世代の子達は
しっかりと未来を見据えて生きようとしています
 
 
大人たち!
トラウマを捨てて 頑張ろうね!!!
 
 
鳳華より愛をこめて
             

f:id:ouka-miraigaku:20200203220643j:plain

www.npojln.com