鳳華の未来学 オフィシャルブログ

今!変わらなければならない世の中に対しての熱い思いを書き綴っています。新しい世界に革新を与える「宇宙的倫理観」をお読みになってください。今までにない切り口のメッセージは、データとスピリチュアルそのものです。

週刊未来学「紅白司会 綾瀬はるかの光と影」

f:id:ouka-miraigaku:20200203211445p:plain

NHK紅白の司会が決まった
このニュースが飛び込んでくると、今年も終わるのかという気がしてきます
 
紅組司会は綾瀬はるか
白組司会は桜井翔
総合司会は内村光良
 
 
大イベントの司会を担う綾瀬はるかさんの素顔はどんな人なのでしょう?
 
 
愛くるしい国民的アイドル『綾瀬はるかさんは水星(氷の星)』
この星はタレント星という別名を持っています
その場を和やかにする能力があり、
雲行きが怪しい雰囲気を察知すると即座に機転を聞かせて
その場を明るくすることができます
天然と言われる彼女の明るさは、この星の特徴とも言えるのです
同じ星のタレントでは明石家さんまさんがいます
二人だけを見ても、星の特徴がよく現れているでしょう?
 
 
星は球体なので、光が当たる場面と影に入る場面があります
光に現れてくる特徴は、
大変明るく、誰にでも好かれ、いつもたくさんの方に囲まれているそんな人なのですが、

影に入ると真反対になります
一人で静かに過ごすことを好み、家の中では一日中パジャマで過ごしている、そんな人です
 
 
 
光と影ってどの星でもあるのですが、水星の特徴は明暗がはっきり分かれます
光を強く打ち出しているこの星の方々は、影の部分は決して外に出しません
人前で泣いたり、弱音を吐くこともしません 
実はすごく地道な努力をしていても、それを感じさせるようなことはありません 
だからこの星の方と付き合っていると、この人は天才?と思わせることがあるのです
 
 
影を見せない生き方が出来る人は、成功者として社会に君臨しています
ソフトバンクの孫正義さん
環境大臣の小泉進次郎さん
この方たちは、決して自分の弱みを人前で見せることはありません
 
 
氷の星をタレント星と名づけているのは、自分の人生を演じ続けられる人だからなのです
 
自分を知って、自分らしく生きる
そんな生き方を、綾瀬はるかさんは見せてくれています
 
 
紅白の司会3人組の場計算を載せておきます
 
綾瀬はるかさんの数字が(+11)と一番大きいですね
今年の紅白は、紅組のエネルギーが強いという予測ができます
 
そして、3人の場が「Ⅺ場」となっていますね
この数字の意味するところは、どんでん返しが起こるということ
今年の大晦日は、予期しないところで大番狂わせの事態が起こるかもしれません
 
 
それでも
綾瀬はるかさんの氷の星は、どんな突発的なアクシデントが起こったとしても
臨機応変に対処が出来るので、きっとそれを和やかにまとめあげてくれるでしょう
 
私も、今年の大晦日を楽しみにしています
 
 
皆さんも自分の星を調べてみてください
 
星を知るってことは、自分を客観的に見るということです
そして、自分の光の当たる場面を知っておくと良いですね
 

f:id:ouka-miraigaku:20200203211527p:plain




鳳華より愛をこめて  2019年10月21日

 

https://www.npojln.com/