鳳華の未来学 オフィシャルブログ

今!変わらなければならない世の中に対しての熱い思いを書き綴っています。新しい世界に革新を与える「宇宙的倫理観」をお読みになってください。今までにない切り口のメッセージは、データとスピリチュアルそのものです。

週刊未来学「ノーベル賞の吉野彰氏はゼロスター」

f:id:ouka-miraigaku:20200203210756j:plain


関東を直撃した台風が甚大な被害を残しました。
今日も東北地方の方には注意勧告が出ています。
TV画面では続々と被害状況が映し出されていますが、被害に遭われた方々、まだまだ安心できない状況にいらっしゃる方々に、お見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧を心から祈っています。
 
 
今回の台風で、私も初めて避難勧告を体験しました
今まで、家の中にいれば安心だと思っていた安全神話が崩れるというのは、
何といっても、不安が募るものですね・・・
自分の居場所が無くなるというのは本当に不安なことです
 
 
 
ところで、自分の居場所って?
 
それは、社会の中でも、会社でも、家庭の中でも感じることがあるかもしれません
人間関係が薄くなっているように感じる現代には、自分の居場所を取り上げる行為がいじめやハラスメントなのかもしれませんね・・・
 
 
今週の未来学は「夫婦の居場所」について!
夫婦で素晴らしい笑顔を見せてくれた、ノーベル化学賞の吉野彰さんとその奥様にフォーカスしてみました
 
このご夫婦 
同じ顔をしている! 
同じ笑顔を持っている! 
似ているご夫婦!
 
 
さっそく、生年月日を調べてみたら、
吉野彰氏は『水星のゼロスター』
 
 
やりたいと思ったことはすぐにやりたがる行動家
ここは『水星の特徴』です。
 
直感が強く、用意周到、細心の注意を払って継続する
ここは『子年の特徴』です。
 
 
このように星と干支の相反する特徴をもっている方を“ゼロスター”といいます。
 
 
ゼロスターを理解する家族はなかなか忍耐力がいる

奥様は大変だっただろうなあ~と思っていると、
久美子夫人は同じ年の子年の方だった
 
 
なんとなんと、この御夫婦は、ゼロ相性ではないですか!
 
いわゆる、相性占いなどで判断すると
最悪の相性ですよ~と言われてしまうお相手なのです
この相性にはお互いの居場所がありません
 
こんな時、皆さんならどうしますか?
難しいゼロ相性を持ったお相手を遠ざけてしまいますか?
 
 
確かに、相性がゼロということは、何をやっても食い違うので、相手を責めてしまったり、信じられなくなったりすることもありますが、
ゼロとは、自分では見えないものを、相手を通して見せてくれる鏡のような存在です
 
 
ゼロとは自分の中にあるものですが、認めたくないものです
それをしっかり見せてくれるのがゼロ相性の方なのです
 
 
皆さんは、見たくないものは、蓋をしてしまいませんか?

ゼロ相性は、見たくないものをお互いにしっかり見つめ合ってこそ成り立つ相性なのです
 
 
私のゼロの解釈は「神の領域」としています
 
 
ゼロを制覇することができた人が、あのような同じ笑顔になるのでしょう!
 
ノーベル化学賞の受賞も快挙ですが、私には、究極の愛を貫いたご夫婦の笑顔に最高の賞を差し上げたいと思いました!
 
 
 
鳳華より愛をこめて 

 

www.npojln.com