鳳華の未来学 オフィシャルブログ

今!変わらなければならない世の中に対しての熱い思いを書き綴っています。新しい世界に革新を与える「宇宙的倫理観」をお読みになってください。今までにない切り口のメッセージは、データとスピリチュアルそのものです。

鳳華の伝えたい 「カルロスゴーンの光と影」

カルロスゴーンの逮捕は、日産のクーデターなのか

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:1人
「ブルータスお前もか!」
仏国のニュースでは、ゴーンがシーザー、西川社長がブルータスという設定で、今回のゴーン逮捕を日産のクーデターとして報道している
 
日産を窮地からすくい上げたカリスマヒーローが、一瞬にして転落していくには、どのような運命が動いているのだろうか?
 

ゴーン氏は、理想を高く掲げ、目的を果たすためには人間的な情を棄てることもいとわない 

f:id:ouka-miraigaku:20190216114223j:plain
ゴーン氏は、土星という運命の星を持っている

【この星の特徴】は、理想を高く掲げ、強力な引力で皆を引っ張るリーダーである
目的を果たすためには人間的な情を棄てることもいとわない
決して妥協を許さない経営スタイルは大きな波紋も呼ぶが、改革という舞台転換は土星にしかできない荒業でもある
 
 
 
土星の人は優れた統治能力を持っているけれど、その思いを表現する技術に乏しいところがある
口下手な人が多い、思いが強すぎて伝える前に怒ってしまうことも多い
そのために非情な人間だと誤解される立場に追いやらることもしばしばである
 
 
偉大なるシーザーが最も信頼していたブルータスに裏切られるのは、この土星の持っている悲哀なのかもしれない 
土星の光の後ろには大きな影がある
 
 
このような星の特徴からみると
ゴーン氏は、日産復活劇の立役者であることは間違いない
 
 

日産復活劇の立役者が転落する理由

f:id:ouka-miraigaku:20190216114718j:plain
それがどうしてこのような転落になるのか?
ゴーン氏がたどった運命の日からその真相を究明してみようと思う
 
1999年日産に最高責任者として就任
この年は、ゴーン氏にとっては「トラブルの始まり」を意味する年だった
 
2018年11月19日逮捕
この日は、「どんでん返しという年運、失脚という月運、トラブルという日運」が動いた
 
その日のリズムを読み解くことで、
運命がどのように進んで行くかを予測することができる
 
 
仕掛け役に回ったブルータスの西川社長はどうか?
この人も、実は土星の人
同じようなリーダー気質を持った二人が因縁対決となった
 
 

どちらに運命の女神は微笑むのか?

f:id:ouka-miraigaku:20190216114903j:plain
ゴーン氏の運命数は「±0-2+4」=±2のエネルギーである
西川社長の運命数は「-1±0+9」=±8のエネルギーである
 
 
こうして運命の場計算をしてみると結果は・・・
±8を出した西川社長の勝ちである
 
 
 
ふたりの間に起こっているエネルギーは「惑×惑」
惑が二つある関係とは・・
お互いが騙しあっているというのがこのふたりのエネルギーから読み取れる


今年の運命は、カルロスゴーン氏に失脚を求めている
そして西川社長には全てを白紙に戻すことを求めている
今回は、二人とも全てを失う事になるだろう
 
 
この騙し合い劇を誰が仕組んだのかわからないけど
一番ずる賢く、一番裏でほくそ笑んでいる者
この世の中の誰をも騙すことができても、
運命だけは騙すことはできない
いつか、この先の運命がそれを証明してくれるだろう
 
 
運命は侮れない

 

 

 鳳華より愛をこめて