鳳華の未来学 オフィシャルブログ

今!変わらなければならない世の中に対しての熱い思いを書き綴っています。新しい世界に革新を与える「宇宙的倫理観」をお読みになってください。今までにない切り口のメッセージは、データとスピリチュアルそのものです。

関ジャニ∞渋谷すばるの引退劇から時代の流れの重要ポイントが見えてきた!~心の時代から魂の時代へシフト~

さらば すばるよ!

f:id:ouka-miraigaku:20180419223213j:plain

魂の声に耳を傾けて・・
あるがままを受け入れる
それが出来た時
本当の人生がやってくる

21年続いた関ジャニ∞に変化が起きた。メインボーカルとして活躍していた渋谷すばるが抜ける!一体なにが起きたの?

直ぐにメンバー同士の話し合いがあり、「なんでやねん、嫌や」から始まって、みんなで説得したけど・・・結局、音楽の道を極めたいという、渋谷の決断を尊重して受け入れた。 

そして、4月15日メンバーが揃っての引退会見となった。

この引退会見は、渋谷ひとりのものではなかったということだ。メンバー全員が決意して受け入れた人生だったのだろう。彼ら7人は皆30代。10代から21年間、人生をともに生きてきたのだから、家族よりも絆が強いかもしれない。それぞれのメンバーの思いは深く、一人ひとりを見ていると自立した魂の関ジャニメンバーを見たような気がした。関ジャニファンの方々は、いろいろな思いがあるのだろうけど

この会見を知った私は思った・・・

「二十一世紀人の生き方が始まった!」

生まれてからいろいろな人に支えられて生きてきた

そのことに感謝するのはとっても大事なことだ。感謝の気持ちを忘れるのは、自分を生み出してくれた親に対してつばを吐くようなものだから、そんな勘違い人間はろくなものにはならない。

しかし、感謝の気持ちがあっても、自立をしたくなるのが成長の証とも言える。独立をしようとするとき、感謝の気持ちを裏切るような行為だと受け取られることも巷ではたくさん起こっている。これは芸能界だけでなく、今の社会の中にもある。

自分の成長は自分の力だけで成し遂げられるものではない、それを自分の手柄にするのは筋違いも甚だしい。そのことを忘れてはならない。しかし、自立は必要だ。 

では、自立とはなんなのか?

自分で立つという自由な立場は、責任という足かせを自分に科せることである。自由には責任が伴うということなのだ!自由と責任は、その人の個性があって発揮できるもの。

そこで、私は思った・・・

「個性の時代に突入してる!」

関ジャニ∞にエールを!! 

新しい形を作り出してくれた“*辰巳世代”の代表、関ジャニ∞に私はエールを送りたい。
(*辰巳世代とは、世代間ギャップのくくりで、20歳~44歳の若者たちを指している)

その中の30代は、まさに関ジャニ∞が育ってきた時代である。
世の中では1990年代後半にバブルが崩壊し、空白の10年と言われる就職氷河期を体験した年代でもある。その頃の若者は「努力をしても報われない」という空虚感がある。自立しようにも夢を追いかけることが困難な時代が心の奥底に染み付いている。

だから、夢を叶えてくれる同世代の若者に、辰巳世代のファンは憧れたのだ。

大人世代たちは、この辰巳世代をみて、「自分のことしか考えていない」「感謝の気持ちをなくした」と嘆くかもしれないけれど、夢を無くさせたのは大人社会が作り出したバブルだったことを棚に上げてはいけない。

時代の流れによる価値観の違い、それこそがギャップの表れなのだ。

大人たちは、自立しようとすると「君のワガママだ」と片付けてきた。
感謝という枠の中に縛り付けて、身動きを出来なくさせてしまった。 

あのグループの引退も・・・?

あのSMAPの引退劇を思い出す。生みの親であるジャニーズに感謝を貫いて現状を維持したキムタクと、自分らしく生きたいと自分の声に正直に従って独立した3人、どちらにも付けなかった中居リーダー。SMAPは、解散劇を後味の悪い結末としてしか幕を閉じることができなかった。

感謝を忘れないという「心の時代」は大事にされて当然だけど、
もう一つの大事なことがないがしろにされてきたように思う。
それが「自分の魂に忠実に生きる」こと。

その点、関ジャニ∞はすごいと私は思う。

一人の決意にメンバー全員が敬意を評している。そこにはいろいろな感情や問題も起こっているのだろうけど、渋谷すばるの決意を受け入れ応援するメッセージを送った。

関ジャニ∞が6人揃っての引退会見は、ひとり一人の魂の自立を感じさせてくれた、何とも爽やかな幕引きだった。

「心の時代」から「魂の時代」にシフトが始まっている!

f:id:ouka-miraigaku:20180419224013j:plain

心は、相手を見て対応する 
今までの世の中はこのことを常識としてきた 

魂は、自分を見て対応する 
自分を元にしているからこそ世間に流されない

いわゆるマイペースとは違う
責任のある自由
これが魂の持つ力だ

常識にとらわれることなく、
ひとりひとりの個人の魂を尊重する時代へと変化が始まっている。
変わる時には、周囲の言葉は突き刺さるように響くかもしれない。

しかし、魂が選ぶ生き方をして欲しい。
魂で覚悟した人は、直ぐに結果が出る。
思ったことは、速現実になる。
思いが宇宙につながるとは、こういうことだ。 

常識にとらわれて、「だから無理。」「でもできない。」などと言い訳をしている人は、時代遅れも甚だしい、これでは、二十一世紀人になれない。 

やりたいことを選ぶ時代が来ている

f:id:ouka-miraigaku:20180419223133j:plain

やりたいことには、いつでも常識という壁が立ちはだかる、だから無理だと思わせる。でもやってみればいいだけのこと、壁は取り払われ、道がまっすぐに伸びているのがわかるだろう。

この感覚は、やってみたらわかる。
やらなければ、いつまでも 「でもダメ」「やっぱり出来ない」この堂々巡り。

もっと簡単に成功できる時代がやってきている。 

渋谷すばるを未来学で読む

渋谷すばるさんは“光の星”という博愛の星を持っている。
感謝は人一倍持っている男、それでも自分の道を進む必要があるのは、
魂の気づきが後押ししたとしか思えない。

光の星には、来年もっとも大きな希望を叶えるリズムがやってくる。

魂で選ぶことはリズム通りに動く。

来年、渋谷すばるの決断が本物だったことを立証してくれるだろう!

関ジャニ∞の“場計算”を出してみた

f:id:ouka-miraigaku:20180419232711j:plain

渋谷の横一線の数字を見て欲しい、全てのメンバーと エネルギーはプラスが働いている。
これを見ると渋谷にとって居心地のよい場所だったはずだ。
だけど渋谷は自分の道を選ぶ。これは彼の魂の選択に他ならない。

そして、送り出したメンバーたち
自立していく者にエールを送れる人は本当にその人を愛しているのだと思う。
メンバーは、寂しさもある、不安もある、不満も起こるだろう。
その思いを超えるのは、お互いを尊重することしかない。
関ジャニ∞のメンバーの対応を見ていて、清々しい21世紀の生き方を見た 

だから、それでいい、それでいいんだ!

鳳華より愛をこめて~

f:id:ouka-miraigaku:20180419223721j:plain

二十一世紀!
辰巳世代の魂の選択が、始まった。
これを読んでいる辰巳世代のあなた!

常識にとらわれないで、自分の魂に気づいてください。
あなたがやらなければならないことは必ずあります。

魂の時代がやってきたのだから、私も語り始めよう!
魂について、少しずつ話をしよう 

あるがままのあなたに
宇宙からのエネルギーを伝えます
あなたの魂にエールを!

場計算に興味がある方・質問・疑問のある方は
公開質問箱 まで

個人的なカウンセリングをご希望の方は
カウンセリングについて 

どうぞお気軽にメッセージくださいね!

鳳華