鳳華の未来学 オフィシャルブログ

今!変わらなければならない世の中に対しての熱い思いを書き綴っています。新しい世界に革新を与える「宇宙的倫理観」をお読みになってください。今までにない切り口のメッセージは、データとスピリチュアルそのものです。

号外!週刊未来学「不安で押しつぶされそうになった時の解決策」

最近のマスコミ報道は不安なことばかりですね イベントの中止や、企業の閉鎖などのニュースが飛び込んでくると、 どんどん気持ちが不安になっていきます 3月2日から春休みにかけて、全国の学校の臨時休校を発表した安倍総理ですが、このままどうなっていく…

週刊未来学「 3月には成長するエネルギーがある」

青空で 日差しがあったかいなあと思っていたら、あら、外に雪が降っている それって「風花(かざはな)」って言うんだけど、東京の人は知っているかな? 山に積もっている雪が、暖かな日に風に運ばれてくる 花びらのような雪 晴れているのに、雪が降っている…

週刊未来学 もうすぐ一年生へ 人間関係レクチャー

週刊未来学「もうすぐ一年生へ 人間関係レクチャー」 四月 になるとピカピカの一年生が増えますね 学校の入学、会社の新入社員 、とシンマイが増える時期ですが、 みんなそんな時がありました。 ピカピカのランドセルの匂い ピンとアイロンがかけられた制服 …

週刊未来学「お帰り~ただいま木村拓哉!」

あのキムタクがライブに帰ってきた 1月8日にソロライブツアーの初日を迎えた木村拓哉 キムタクの歌をライブで聴けるのは5年ぶりのこと いろいろあったものね いろいろ言われたものね そんな時の経過を吹き飛ばすように あのかっこいいキムタクがライブに戻っ…

週刊未来学号外「パンデミックをむやみに恐れることなかれ 解決策は?」

2020年は、羊周期(2010年~2021年)の終りを迎えようとしている時の真っ只中です 『この周期の終焉に起こることは、運命という流れの中で必要があって起こること!』 世間を不安の渦に陥れているコロナウィルスの拡大も、運命はなぜ動かしたのか? 運命とい…

週刊未来学「未来のための金曜日」

スウェーデンの17歳の女の子が心の底から解き放った言葉がこれだ! 『未来のための金曜日』 いまや、グレタさんは世界中で有名になった最も若いスピーカーだと思うけど この時代がやってきたんだなあ~と未来学で運命を読み解いてきた私は、 『自分らしさ…

週刊未来学「ムーンビレッジ」

1月25日が新月だったので、今夜の月は細い三日月! 今日は、その「月」に人間の居住地を作り始めているというお話です 今、日本でも、月のビジネスを考えている人はたくさんいます。 あの剛力彩芽との破局後からやたらとTVに出まくっている、前澤社長はその…

週刊未来学「世代のギャップを超えたイノベーション」

共に楽しむこと 共に笑うこと 共に考えること これって今の世の中にとっても必要なことなのですね! 昨日は、若者が主体で企画されたイベントに感動を覚えました 1月19日に北千住で若者が主体のイベントが行われました。 “つなぐ”という事がこんなにステキ…

週刊未来学「2020年土星が動き出した!」

時のリズムを直に知ることができるのは、 その星を持つ人の変化である 2020年は子年 この年から運気が良くなるのは土星(大地の星)です 気の流れが弱くなる時を「シャドー期」というのだけど、昨年までの3年間は、大地の星の方にとっては、思いもかけない予…

週刊未来学 「Own Birthday」

私の名前は、鳳華 もちろん、ペンネームなんだけど 父の仏壇で手を合わせていた時に 父からもらった名前である 私の父は、3歳から中国に渡り、そこで青春を過ごした人だ その頃は、中国に渡って商売をしようと夢見た日本人がたくさんいた 中国人と共に生き、…